小さな姉弟育児中の日記~年子とはこんなにも大変なものなのか~

現在、娘、息子の姉弟年子を育て中のママによる雑記ブログです

「あ、無理だ託児所に入れよう」.....壊れかけの私の決断&年子の恐ろしさを痛感。

スポンサーリンク

世にも恐ろしい年子の続けざまの病気

 

f:id:miyumamy:20170609160254p:plain

 

少し前のことなんですけど、2歳の娘が高熱を出したんですね。
3日間熱を出していて私も看病でぐったりしました。

 

でも子供ってなんでこうなんでしょうか、高熱が出ていても割と遊ぶんですよ(笑)

 

あんた、40℃近くあるんだから寝てなさいよ。と何度も言いましたが遊んではしんどいのか泣くばかり。


おまけに外に行きたいって言うんですけど、そんなにしんどいのに!?と逆に関心しましたよ。

 

、ですね。

 

やっと熱が下がってホッとしたのもつかの間。
次の日、6ヶ月の息子がオエっとなってお腹もピーピーになっているわけですよ。

 

これは、どこかで胃腸風邪もらってきたなと思いました。


移るとやばいけど6ヶ月の赤ん坊を自分から引き離すわけにもいきません。

 

自分と娘に移りませんようにと願いながら息子の看病を始めました。

 

夜もお腹が痛くて泣く息子。おむつも毎回汚れます。

 

朝になると先日まで高熱だった娘はすでに全快なので外に行こうと服を引っ張ります。

 

しばらく無理!

 

と言いますが、2歳の娘に分かるはずもなく、ひたすら一日中アンパンマンを見せていました(アンパンマンが超好きなんです)。
しかし、それが効果的だったのも一日だけのこと…。

 

そのうち娘の遊ぼう攻撃は頂点に達しましたが

それをガン無視する私。。。。。。。。

 

 

3日後、私の体調に異変が。

 

 

お腹の痛みと共に深夜に目覚めました。
そう、息子の胃腸風邪が移ったのです

 

 

 

アアああああああああああああああああああもぅうううううううううううううううううううううぅううだれかたすけてぇえぇ

 

 

 

ってことで壊れかけたわけなんです。私。

 

胃腸風邪が治ってから、車で10分の距離にある託児所にかけこみ、即入会しました。

 

入会金およそ1万円。週に2回午前中とランチでおよそ2万円です。私は働いていないので家計に響きまくりです。
でももう背に腹は変えられません。


年子って、病気のとき本当大変ですよね。っていうお話でした。
おしまい