小さな姉弟育児中の日記~年子とはこんなにも大変なものなのか~

現在、娘、息子の姉弟年子を育て中のママによる雑記ブログです

④昔は不妊治療頑張っていたなぁとしみじみ感じている話~人工授精は決めたら結構すぐにやってくれるし簡単~

スポンサーリンク

 

今回は不妊治療のお話の第四回目となります。

過去記事はこちら 

 

 

f:id:miyumamy:20170822143121j:plain

 

前回、わが夫婦の主な不妊原因が男性不妊であることが判明したわけなのですが、

これが分かってからというもの私の気持ちはとてもスッキリしたといいますか、

原因が分かって本当に良かった!

と思ったのでした。

しかし、少しだけ不安があったことがあります。

それは、

異常が多い精子でできた子供は大丈夫なのか?

ということです。

※こんなことを言うと様々な方に失礼にあたるかもしれませんが、男性不妊であった私達夫婦が実際に思ったことなので嘘偽り無く気持ちを書きたいと思います。

それに関しては先生に聞いたところ、

「子供が授かれば精子に異常が多いとか関係ないから」

ってクールに言われました。

”まぁそれもそうか”って妙に納得したのですが、それでも不安な気持ちは完全に無くなりませんでしたけどね。

 

さて、この診断があってからの主人ですが、自分の精子が異常が多いことを聞いてもそんなにショックを受けている感じはありませんでした(隠していただけかもしれませんが)。

あと、私が有無を言わせず主人に協力を要請したこともあり、

子作りは完全にお前に任せた!

っていう感覚に変わったようでした(笑)

結局不妊治療に関しては私が主体で動いていたのでその通りになったわけなのですが、それに関しても今考えても本当に良かったと思います。

慎重派の主人に任せていたらきっと今でも子供に恵まれていなかったことでしょう

私は考えるより先に行動するタイプなのです。

 

不妊治療の費用ですが、この頃の私達夫婦のお財布事情が【夫婦で財布は別管理】状態だったので不妊治療代は主人に出してもらうことにしました。

正直この頃、子供ができないことに関してケンカばかりしていたし、私は子供ができないのなら離婚したいと思っていた時期でもあったので、主人に

「男性不妊が原因なんだから治療費だしてよ」

って言いました。

今思い起こすとそんな事言った私とよく離婚しなかったなこの男はと思います。

感謝。

 

本題に入ります。

そんなこんなで私達夫婦は晴れて人工授精にステップアップしたわけなのですが、この人工授精、決めたら結構すぐにできました。

 

私「先生、人工授精やりたいんですけど」

先生「分かりました、薬のんで注射打ちに来て。日にちが決まったら朝9時までに精子持ってきてー」

私「はい」

 

会話は以上。

あとはエコーなどで排卵するであろう日にちをみてもらって人工授精をするだけです。

人工授精時の病院へ行く頻度ですが、タイミング法と似ていました。

まず、生理がはじまったら病院へ行って薬をもらいます(私はクロミッドという薬を生理開始3日目から5日間服用しました)。

排卵前3日~5日には卵巣をエコーを見てもらいに毎日病院へ、排卵直前はホルモン注射(HCGっていう黄体ホルモンの注射だったと思う)を打ちに病院へ行きます。

そして排卵後に3日間ほど注射を打ちに通院しました。注射ですが、私はお尻に打ちました。※ここから先の不妊治療中はずっと私のお尻は注射部分がしこりになって硬くなり内出血とかして青くなってました

 

実際の人工授精をする日のスケジュールは、まず仕事を午前中休みます。

これは、うちの病院は午前中に人工授精をする病院だったのでそうするしかありませんでした。病院によっては夕方にやってくれるところもあるかと思いますので確認すると良さそうですね。

私は仕事を休む事が増えるかも知れない旨を職場に伝えていて、職場からも理解があった為、この時は仕事をしながらなんとか不妊治療を行えていました。

それで詳細はこんな感じ。 

 

7時30分 主人に精子を出してもらう(ケースにIN)。主人は会社へ。

8時30分 私が精子をポケットにしまい車を運転。病院へ到着。

8時45分 よろしくお願いしますという気持ち取り違えないでねという気持ちを込めて培養士さんに精子を渡す。

~ここからは待ち時間~

11時45分 名前を呼ばれて診察室とは別の部屋で人工授精をする。

会計をする。※私が通っていた病院での一回の人工授精の値段は15000円ほどでした

おしまい。

さ、ランチ食べてお仕事いくか。

 

こんなです。

すごく簡単です。

ただ、人工授精時は正直、

この精子本当に主人のかなぁ?

なんて思ったりしました(笑)

今では自分で自宅でできる人工授精のキッドがあるみたいです。

興味のある人はサイトをみて見てください↓

自宅でできる人工授精【シリンジキット】

 私はやったこと無いし効果があるかどうか全然わかりませんけど面白いなと思いました。自宅で自分でやるなら取り違えがありませんしね(汗)。

 

さて、そんな人工授精の結果ですが、私達夫婦は全くかすりもしませんでした。

半年から10ヶ月近くやったかな?

精神的にもイライラしていたしよく泣いていました。

人工授精をはじめて上手くいかないことが続いた頃から、子連れのファミリーや妊婦さんを見るのが辛くなっていた事を思い出します。

キー!!

とかはないけど、気がつけば涙がでている状態がよくありました。

とても普通とは言いがたいどうしようもない辛さでした。

 

ふー........書いていたら少し疲れてきたのでこのへんで。

色々思い出しながら書いているので思い出したら追記します。

おしまい

広告