小さな姉弟育児中の日記~年子とはこんなにも大変なものなのか~

現在、娘、息子の姉弟年子を育て中のママによる雑記ブログです

年子育児中の母乳トラブル”これを飲んだから母乳が出たのかも”と実感した飲み物3種

スポンサーリンク

 

上の娘を育てる時に、途中(3ヶ月くらいだったかな)で母乳が足りなくなってミルクと母乳の混合になりました。

 

そして下の息子を育てるにあたって私は母乳育児にしたいと強く望んでいます。

なぜか?

 

 

ミルクを作るのが面倒くさいからです。

 

 

特に夜間なんて、いちいち起きてお湯を何とかしてミルク混ぜて何やかんややっていると目が覚めてしまいます。

 

できれば・・・本当できれば母乳が出て欲しいですよね。

年子育児中、夜間にできるだけ起きたくない面倒くさがりやな私が実際に飲んで母乳が出ていると実感できた飲み物を3つ御紹介します。

 

 

 

野菜スムージー

まず一つ目は 野菜スムージーです。

 

元々はただ好きで購入していたものなのですが、野菜不足を感じたときに飲めば栄養補給にもなるしと授乳中に飲んだところ、あれ、なんか母乳の出がいい。と感じた飲み物の一つです。

 

実際に調べてみると、野菜スムージーの中に葉酸カルシウムが入っているので、こういった栄養成分が母乳には欠かせない栄養だということが分かりました。

 

昔から、葉物野菜を摂るとお乳が良く出ると言われますが、スムージーで補うことができたのではないかと推測しています。

 

赤ちゃんのお世話中には栄養バランスも大事ですが、なかなか時間がなくて沢山の野菜を摂取することができない場合も多いですよね。

 

そんな時に野菜スムージーを飲むと良さそうですよ。

 

予断ですが、私は色々なスムージーを飲んできましたが特にカゴメの野菜スムージーを飲んだ時が母乳の出がよかったと感じました。

 

種類も豊富だし、母乳云々を置いておいても栄養的に飲む価値ありです。

 

 

 

ルイボスティー

次に、ルイボスティー を挙げたいと思います。

 

ルイボスティーは、ノンカフェインでカルシウムや鉄分他ミネラルが豊富で、おまけに坑酸化作用があることで有名なお茶です。

 

ノンカフェイン&栄養があるだけあって、妊娠中から推奨されていたので我が家では普通に飲んでいたのですが、あるとき気がついたのです。

 

ルイボスティーをホットで飲むと母乳が沢山出てる気がすると。

 

これも調べて自分なりに考察してみると、ルイボスティーの効果として血液をさらさらにしてくれるというのがあるらしいのですが、それに加えてホットで飲むと体が温まるので血液循環がよくなるのではないかという結論に至りました。

 

母乳は血液(決してイコールではないです)、ということなので、ルイボスティーをホットで飲むと母乳が出やすくなる実感があったのもうなずけました。

 

私は過去に乳腺炎になり、何度も再発しそうになったことがあるのですがルイボスティーをホットで飲んでいる今は詰まることがないので、そういった意味でも正解だったのかなと思います。

 

 

 

粉ミルク 

えぇぇぇ・・・

 

って感じですよね(笑)

 

私もです。

でも実際に良く出るのを実感しました。

 

粉ミルク自分で飲むならそのままあげればいいじゃんって、その通りなのですがまぁ聞いてください。

 

うちの下の息子 、哺乳瓶吸うの大嫌いなんです。

 

あんまり母乳出てないなって時に粉ミルクを作るんですが、ほとんど飲まないのです。

 

私の母乳が全く出なくなれば否応無しに飲むのでしょうが、今のところ少し足りないかなーくらいなので全力で拒否されます。

 

勿体無いので私が飲みました。

 

すると、あれっ?母乳が良い感じに出てるという結果になりました。

 

よくよく考えてみると、粉ミルクって母乳に近い成分なので栄養的にも勿論いいんだろうなと思ったり、ママの栄養的にもいいだろうなと思ったり。

 

ただ、ミルクを飲んで母乳が良く出る理由は分かりません。

 

ただの経験談です。

 

あんまり母乳が出なくて粉ミルクが余っちゃった時にでも一度お試しください。

 

 

 

以上

 

 統計を取ったわけでもないし、絶対に出るとは言い切れませんが、私が実際にコレは良いんじゃないかと思った飲み物でした。

 

 参考程度に思ってくださいね。

 

そして、矛盾しているかもしれませんが、私はミルク育児や混合は良いと思っている一人です。

 

なぜなら、母乳よりも粉ミルクの方が栄養がありそう。という考えからです。

私はただ、夜間面倒くさいというだけで母乳頑張ってます。

 

粉ミルク育児全然アリだと思います。